2017年03月11日

3月盛岡市議会報告C 一般質問〜旧競馬場跡地整備について

高松地区の「旧競馬場跡地整備」の土地利用変更と「高松老人憩いの家」について質問

 高松の旧競馬場跡地整備では、当初、ミニバスターミナルゾーンを予定していた土地について、「保健・福祉ゾーン」として利用変更がされて、障がい者福祉の充実を図る観点で土地利用することが示されました。平成11年6月に策定された「旧盛岡競馬場跡地利用計画」では、「保健・福祉ゾーン」について、「高齢福祉及び障害福祉、保健サービス等の機能」を想定しています。そして、「障がい者が安心して生活できる環境づくり」の分野では、「デイサービスや生活支援機能の充実を図る」ことが掲げられています。現在、「保険・福祉ゾーン」には、「高松地区保健センター」と軽費老人ホームが整備されています。
 私は、今後の検討をどのように進めていくのか質問しました。また、「高松老人憩いの家」の今後について質問しました。

 土地利用の変更について市長公室長は、「パブリックコメントに寄せられたご意見や3月下旬に開催を予定する『上田・緑が丘振興懇談会』でのご意見などを踏まえ、利用計画の見直し案を決定する予定」「決定後に施設整備の方針を定める」と答えました。

 高松老人憩いの家について保健福祉部長は、「『盛岡市公共施設保有最適化・長寿命化中期計画』の具体の方向性として、平成38年度以降に、高松地区保健センターの修繕のタイミングに合わせて、センターに機能移転することとしている」「地域の皆様へは、計画の時期を見計らいながら、具体的な説明を行っていきたい」と答えました。
posted by かんべ at 13:54| 議会

3月盛岡市議会報告B 一般質問〜市立図書館整備について

市立図書館の耐震診断の実施時期や今後のスケジュールについて質問

 高松の池にある「市立図書館」は、平成28年3月に策定された『盛岡市公共施設保有最適化・長寿命化中期計画』(以下、「中期計画」)で、「今後の在り方について検討を行い、方向性を定める」と位置付けられました。そのことを受けて、「今後の方向性が決まり、図書館が整備されるまでの間、市民が安全に施設を利用できるようにするために耐震診断を実施する」となりました。平成29年度は「耐震診断を実施し、図書館の在り方を検討」、平成30年度は「整備の方向性の検討」を行うとしています。私は、今後の耐震診断の具体的スケジュールや利用者アンケートの実施について質問するとともに、耐震診断を受けて慎重に検討すべきと質しました。また、「財政が厳しいから・・ではなく、教育機関としての役割から考えるべき」と指摘しました。
 教育部長は、「耐震診断は、平成29年6月に着手し、30年3月までには結果が出るように取り組んでまいりたい」「利用者のご意見を聴くために、アンケートの内容や実施時期について検討してまいりたい」と答えました。
 また、「在り方の検討」のプロセスについて教育部長は、「図書館協議会等の方々からご意見をいただき、『中期計画』との整合性を図りながら、関係部局とも協議を行い、その在り方を検討したい」とのべ、方向性を定める時期については、「施設の老朽化が著しく、迅速な施設整備が求められているので、平成30年度には、方向性を定めるよう取り組んでいきたい」と答えました。
posted by かんべ at 13:20| 議会