2017年06月19日

2017年6月市議会報告@〜核兵器禁止条約への市長の所見は?

 6月19日に一般質問に立ちました。
 私は、核兵器禁止条約について質問しました。この問題は、昨年の12月議会でも取り上げましたが、その段階では「核兵器禁止条約の交渉をする国連会議を招集する決議」が採択されたという状況で、まさにスタートラインに立ったというところでしたが、それからわずか半年で、核兵器禁止条約の締結が現実のものとなろうとしていることに私も驚いています。
 6月15日から核兵器禁止条約の国連会議・第2会期がスタートしましたが、私は、これまでの第1会期に132か国が参加し、日本共産党も積極的に役割を果たしたこと、人道的な見地から核兵器に『悪の烙印』を押して違法化することに大筋で一致したこと、さらに5月22日のエレン・ホワイト議長の核兵器禁止条約草案の内容を紹介し、谷藤市長の所見を聞きました。
 谷藤市長は、「核兵器禁止条約の案が公表されたことは、『核兵器のない世界』の実現に向けた大きな動きであり、歓迎すべきものとして受け止めている」とのべ、「日本非核宣言自治体協議会及び平和首長会議を構成する一員として、関係する自治体等とも連携して、核兵器のない平和な世界の実現を、市民の皆様とともに訴えてまいりたい」と答えました。
 私は、再質問で、「ヒバクシャ国際署名」について、県内の他首長にも署名を働きかけるとともに、盛岡市としても核兵器廃絶の取り組みを強めて欲しいと谷藤市長に求めました。
 谷藤市長は、「私も昨年の5月に署名させて頂いた。現在は、県内で21自治体に広がっていると伺っている。署名については各自治体の首長がそれぞれ判断されるものと存じているが、県内すべての自治体が非核平和に関する宣言を行っていることから、この趣旨には多くの首長が賛同して頂けるものではないか」と答えました。
 また、柴田総務部長は、本市は非核平和都市宣言事業として、毎年「原爆写真パネル展」を行っている。平成10年と25年には、広島市との共催による「広島原爆展」、平成13年には、長崎市との共催による「長崎原爆展」を実施してきた。また、毎年原爆の日に合わせて、市内6校の中学生を広島市に派遣している。さらには、市庁舎への非核平和の横断幕の掲出、8月6日と9日には、サイレンの吹鳴と黙祷の呼びかけ、他にも、暮らしの便利帳への非核平和都市宣言文の掲載、学校等におけるミニミニ原爆展の開催、都南図書館での「平和図書コーナー」の常設を実施している状況。また、市の29施設には非核平和都市宣言文プレートを設置して市民への啓発に努めている。今年は、県と岩手県原爆被害者団体協議会の主催で「岩手県原爆死没者追悼集会」と原爆パネル展が盛岡市で開催される予定。盛岡市が後援する形だ、など紹介し、「いずれ、今後においても、こうした事業を継続して実施する中で、非核平和に対する市民意識の高揚に努めてまいりたい」と答えました。
posted by かんべ at 21:48| 議会