2017年06月23日

2017年6月市議会報告B〜若者支援について質問

 4月24日、盛岡駅前に「もりおか若者キャリアサポートセンター」(NPO法人もりおかユースポート)がオープンしました。「若者の”人生”サポート」を行うということで、15歳から40歳までの若者無業者(ニート)を対象に、就労準備支援事業などを展開するとのことです。さらには、高校中途退学者や中退を考えている生徒からの相談や学習支援にも応じるとのことで、今後の活躍に期待です。
 私は、現在の盛岡市内のニートをどのように把握しているか、市としてニートへの支援をどのように行っていくのか質問しました。
 沼田商工観光部長は、「すべてを把握できてはいないが、『もりおか若者サポートステーション』の運営を通じ、状況について把握している」とのべ、平成28年度は、利用者実績で209人、延べ利用者で3,816人と答えました。また、支援の取り組みについては、平成18年度から、国が実施する「地域若者サポートステーション事業」に加え、市の事業として、臨床心理士によるカウンセリング、疑似通勤の場としてワーキングルームの設置、ボランティア活動の場の提供などによる支援に取り組んでいるとのことです。国の事業については、平成27年度から、「就職に向けた取り組みの意欲が認められるものに限る」となりましたが、市の事業については、限定することなく、社会適応力の向上や生活リズムの改善に向けた支援を行い、就職に向けた意欲の喚起を図っている、とのことでした。
posted by かんべ at 11:36| 議会