2017年06月27日

2017年6月市議会報告C〜雇用促進住宅の活用について

 現在、盛岡市内には、雇用促進住宅が3カ所にあります。厨川宿舎(4棟)、都南宿舎(2棟)、渋民宿舎(3棟)で、合計管理戸数は280戸となっています。現在、入居募集停止となっており、平成33年度までには譲渡を完了させる計画となっています。
 私は、八幡平市で民間会社が購入し、リフォームして貸し出しをしたら、盛岡市への通勤圏内ということもあってあっという間に埋まった、という事例を紹介し、なぜ盛岡市で購入しなかったのか質問しました。
 古山建設部長は、「雇用促進住宅を保有している独立行政法人『高齢・障害・求職者雇用促進支援機構』から平成24年5月に意向調査があったが、当該建物は建築から約40年が経過するとともに、策定中であった市営住宅の長寿命化計画を踏まえて検討した結果、長期的に安定して必要戸数を維持していくためには、買い取って改修するよりは、国の交付金等を活用し計画的な建て替えを行うほうが得策と判断した」と答えました。
 また、若者の定住促進策について、古山部長は、「現在、市営青山二丁目・三丁目アパートの建て替え事業で、従前からの居住者の移転状況に配慮しながら、子育て世代に限定した入居をすすめているところ。市営住宅としては、今後とも、同様の対応を検討していきたい」と答えました。
posted by かんべ at 16:49| 議会