2017年03月09日

3月盛岡市議会報告@ 一般質問〜障がい児福祉について

 障がいがある子も希望に沿った進路で成長できる盛岡市を!

 盛岡市は、『障がい者福祉計画』の基本理念で、「障がいの有無によって分け隔てられることなく共に生きる地域社会の実現を目指し・・」と謳っています。このことについて、私は、保育所入所と小中学校の入学について、保護者の希望に沿って盛岡市が受け入れる体制となっているのか質しました。

 障がい児の保育所入所について、保健福祉部長は、平成28年度(3月1日現在)で、公立10園で40人、私立28園で60人が入所している実態を示し、「平成28年4月入所では、検討の対象となった児童のうち9人が入所し、1人が入所保留となったが、3歳になるのを待って幼稚園に入園している」「市としては、できる限り入所が可能となるよう対応している」と答えました。

 学校関係では、特別支援学級がない小学校は43校中7校、中学校は23校中9校となっています。教育長は、「特別支援学級がない場合は、保護者の意向を受け、県教育委員会に必要とする特別支援学級の設置を要望しており、平成29年度は要望通り小学校6校に7学級、中学校2校に2学級を設置できる見通しとなった」「希望者が1人の場合でも要望している」と答えました。
 また、党市議団で要望していたスクールアシスタントの増員について、教育長は「平成29年度は前年度から3名増の59名を、希望する59校すべてに配置できる見通し」と答えました。私は、努力を評価しつつ、「支援の必要な子どもが増えており、複数配置できる努力を」と求めました。


※スクールアシスタント・・学校生活の中で支援が必要な児童・生徒に対して,個別に必要な支援を行う市費負担職員
posted by かんべ at 16:25| 議会