2017年03月14日

3月補正予算に対して会派を代表して意見

 3月14日の本会議で、会派を代表して補正予算等の議案に対する討論に立ちました。(主な内容は、本文以下をご覧下さい)
 討論が終わった後に、庄子団長から間違いを指摘され、議員になって初めて「議事進行!」を叫び、意見の訂正の発言をしました。かなりあせりました。
 やっと前半戦を終えたという感じですが、明日からは「予算審査特別委員会」ですので、まだまだ頑張らねば!です。

●二次救急及び小児救急輪番制に対する交付税制度が改悪されて、10割を国がみていたものが「国8割・地方2割」となりました。これは、不採算部門を担う公的病院に対する補助制度ですが、平成27年度からの実施が、わずか1年での制度変更というとんでもないものです!盛岡広域8市町で実施をしていますが、地方2割と言えども負担額が大きく、他ではやめる自治体も出ているそうです。
 そうした中で、大きな減額補正となりましたが、盛岡広域で当初予算の1割を持ち出し(盛岡市はそのうちの49.6%を負担)して病院への補助を継続することになりました。こうした努力を評価するとともに、「地域医療を守るために必要なものだ。国に対しては従来通りの交付税措置がなされるよう、強く働きかけていただきたい!」と求めました。

●盛岡市役所の職員の時間外勤務(16年4月〜17年1月)は、過労死ラインとされる80時間超が266人、100時間超が142人に上っています。現在の業務量に問題はないか、業務量に見合う人員体制になっているか検証するとともに、時間外勤務の上限設定をした上で遵守するよう求めました。

●今年度も「地域密着型サービス施設整備費」の大幅な減額補正となりました。応募者がなかったのが主な理由で、背景には、介護報酬の削減と介護士人材の不足があります。国に対して、介護報酬削減路線をやめること、介護職員の処遇改善の抜本的対策を図るよう強く求めるべきと意見をのべ、合わせて、市としても精査をしながら次期計画に向けて取り組むよう求めました。

●盛岡市立病院の補正予算審査で、平成28年度の決算見通しが1億5,500万円の赤字となることが示されました。平成29年度は、3〜4名の医師を増員するとのことで、そのことを評価しつつ、経営改善に向けての引き続く努力をお願いしました。
posted by かんべ at 16:37| 議会