2015年05月15日

若者を戦場に送るな!・・「戦争立法」反対の緊急行動

 5月14日の夕方、安倍内閣は「戦争法案」を閣議決定しました。安倍首相は記者会見で「『平和安全法制』を閣議決定した」「アメリカの戦争に巻き込まれることは絶対にない」などと言いました。「戦闘地域」へ行って攻撃されたら反撃する、治安維持活動で任務遂行のために武器を使用する、戦闘機への給油や弾薬の提供・・・これのどこが「平和」の活動なのでしょうか?誰が見てもアメリカと一緒に戦争することそのものでしょう!「戦争法案」は絶対に廃案にしなくてはなりません!
 14日の午後から夕方にかけて、日本共産党西部後援会の皆さんと緊急の街頭宣伝を行い、10カ所で「戦争する国づくりを許さない世論を広げよう!」と訴えました。P1010924.JPG
 また、15日の昼には「盛岡緊急昼デモ」が行われ、160人もの人が参加しました。マスコミもたくさん来ていました。「戦争法案は廃案にしよう!」「自衛隊員を戦場に送るな!」「憲法9条を守ろう!」とシュプレヒコールを上げながら歩きました。街頭から若い人たちが一緒に声をあげて拳を上げたり、高齢者の方が何度も頭を下げたりする姿が見られました。P1010066(1).jpgP1010063(1).jpg


posted by かんべ at 23:51| 党活動

2015年05月12日

定例早朝宣伝 「戦争立法」許すな!と訴える

 昨日(5月11日)、与党の自民・公明が「戦争立法」の全条文に合意し、政府が14日にも閣議決定を行うということで、緊迫した情勢となりました。

 今朝は、日本共産党後援会のみなさんとの定例の早朝宣伝でしたが、大部分を「戦争立法」の問題で訴えました。法案は、「平和」「安全」という言葉がちりばめられていますが、その中身は全くの正反対。あらゆる事態で、切れ目なく米国を支援するもので、過去最悪の憲法9条破壊の法制です。

 「戦争立法」は絶対に許さない!と私自身も決意しながら訴えました。

P1010923.JPG

posted by かんべ at 12:07| 党活動