2018年09月11日

2018年盛岡市議会9月定例会 一般質問報告➀

 9月10日に一般質問に立ち、➀生活保護、➁予防接種ワクチン助成、➂学校施設整備の3項目について質問しました。
 生活保護について、小田原市の改革を参考に、「ホームページ」と「生活保護のしおり」の改善について具体的に提起しました。ホームページについては、小田原市のように「生活にお困りの方はご相談ください」と明記すること、「生活保護のしおり」をPDFで貼り付けること、担当課への直通電話の記載やお問い合わせのメールフォームなど添付するなど、気軽に相談ができるように改善を図ることを提起しました。しおりについては、小田原市ではすべての漢字にルビを振り、職員手書きのイラストなども入れて、しかもカラーで、分かりやすく親しみやすいものに改善しました。これを参考にして、市民が手に取って読んでみようと思えるような「しおり」に改善を図ることを提起しました。その他にも、両方共通で、生活保護が憲法で保障された権利だということをきちんと明記すること、資産をすべて処分しなければ制度が利用できないような誤解を与える表現、扶養義務について、小田原市のように「援助可能な親族がいることによって、保護の利用ができないということはありません」「DVや虐待など、特別の事情がある場合には、親族への照会は見合わせることもある」と明記するよう改善を図ることを求めました。
 谷藤市長は、ホームページについて、「見る側が安心してホームページの内容を読み進められ、かつ、必要とする箇所が分かりやすくなるよう見直してまいりたい」と述べ、資産や扶養の取扱いを丁寧に説明するなど、内容についても改善したいと答えました。また、「しおり」についても、市長は、「小田原市の『保護のしおり』は、『相談』から『申請・調査』の流れが、一目で分かる構成となっているなど工夫されており、読み手の立場に立った内容となっていることから、本市も参考にさせて頂きたい」と答え、さらに、「ホームページ」と「保護のしおり」それぞれに、国が「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する憲法25条や生活保護法で定められた制度であることを明記し、より安心して相談いただけるよう、環境を整えたいと答えました。
 保健福祉部長は、ホームページについては直ちに着手し、「しおり」については、遅くても来年度のスタートに合わせて改善を図りたいと答えました。

 何人かの先輩議員から「良かったね」と声をかけて頂きました。今回の私の提起を、市は満額回答して頂いたと思います。これを機に、生活保護行政の質が向上することを期待します。
posted by かんべ at 06:09| 議会

2017年12月22日

2017年12月市議会報告➀〜日米共同訓練にオスプレイは参加するな!

 12月14日、盛岡市議会本会議で一般質問を行いました。

 2018年1〜3月中に、陸上自衛隊東北方面隊と米海兵隊との日米共同訓練「フォレストライト02」が計画されており、オスプレイの参加も予定されています。
 私は、オスプレイについて、この1年間だけでも3件の重大事故(➀2016年12月に沖縄県名護市安部の浅瀬に墜落・大破、➂17年8月にオーストラリアで墜落し乗組員3人が死亡、➂17年9月にシリアで墜落し2人が負傷)を引き起こしていることや、5年前に沖縄県米軍普天間基地に配備されてた時と比べて”クラスA”の『重大事故率』が「1.93」から「3.27」と1.7倍となっていることを示し、「オスプレイは飛行しないよう求めるようきっぱりと求めるべき」と質問しました。
 谷藤市長は、「今後も国の責任において、米軍に対して、万全の安全対策を講じるよう求めていくことが必要である」と述べるにとどまりました。
posted by かんべ at 16:13| 議会

2017年09月04日

盛岡市議会9月定例会はじまる

 今日9月4日、盛岡市議会が招集され、9月定例会が始まりました。会期は9月29日まで。
 本日は、議長・副議長の辞職に伴う選挙が行われました。日本共産党市議団は、今回の議長選挙・副議長選挙に当たっての立場を表明(8月29日、詳しくは市議団HPをご覧下さい)していましたが、この間の議会改革や議会の民主的運営について一定の評価をして「議長は第一会派から、副議長は第二会派から」という態度で臨みました。現在の第一会派は「盛友会」、第二会派は「市政クラブ」です。
 まず、議長の辞任を採決・可決し、休憩して所信表明会が行われました。議長選挙に立候補したのは、天沼久純議員(盛友会)のみ。所信表明を行った後、会議を再開し投票を行い、天沼氏は、議員総数38人のうち37票を獲得(残1票は無効票)し当選しました。次に、副議長の辞職を採決・可決し、休憩して副議長選挙の立候補者から所信表明が行われました。立候補したのは、兼平孝信議員(創盛会)と高橋重幸(市政クラブ)の2名。再開後の投票では、兼平氏22票、高橋氏16票で、兼平氏が副議長に当選しました。ちなみに、議長選・副議長選のいずれも3名の立会人が選ばれ、その一人として私も関わらせて頂きました。
 その後、常任委員会の正副委員長の互選、議会運営委員会の正副委員長の互選が行われ、議案の提案理由の説明が行われました。本会議終了後、市政調査会の会長・副会長の互選が行われ、終了したのは午後5時半頃。何度も休憩を挟んだため初日としては時間がかかりました。議員任期折り返しの議会です。私は初めての産業環境常任委員会ですが、勉強しながら頑張っていきたいと思います。

【共産党市議団の所属委員会】
庄子春治・・総務常任委員会、議会運営委員会
鈴木礼子・・教育福祉常任委員会(副委員長)
橋和夫・・建設常任委員会
神部伸也・・産業環境常任委員会、議会運営委員会
鈴木 努・・教育福祉常任委員会、議会広報委員会(副委員長)
posted by かんべ at 22:51| 議会

2017年06月27日

2017年6月市議会報告C〜雇用促進住宅の活用について

 現在、盛岡市内には、雇用促進住宅が3カ所にあります。厨川宿舎(4棟)、都南宿舎(2棟)、渋民宿舎(3棟)で、合計管理戸数は280戸となっています。現在、入居募集停止となっており、平成33年度までには譲渡を完了させる計画となっています。
 私は、八幡平市で民間会社が購入し、リフォームして貸し出しをしたら、盛岡市への通勤圏内ということもあってあっという間に埋まった、という事例を紹介し、なぜ盛岡市で購入しなかったのか質問しました。
 古山建設部長は、「雇用促進住宅を保有している独立行政法人『高齢・障害・求職者雇用促進支援機構』から平成24年5月に意向調査があったが、当該建物は建築から約40年が経過するとともに、策定中であった市営住宅の長寿命化計画を踏まえて検討した結果、長期的に安定して必要戸数を維持していくためには、買い取って改修するよりは、国の交付金等を活用し計画的な建て替えを行うほうが得策と判断した」と答えました。
 また、若者の定住促進策について、古山部長は、「現在、市営青山二丁目・三丁目アパートの建て替え事業で、従前からの居住者の移転状況に配慮しながら、子育て世代に限定した入居をすすめているところ。市営住宅としては、今後とも、同様の対応を検討していきたい」と答えました。
posted by かんべ at 16:49| 議会

2017年06月23日

2017年6月市議会報告B〜若者支援について質問

 4月24日、盛岡駅前に「もりおか若者キャリアサポートセンター」(NPO法人もりおかユースポート)がオープンしました。「若者の”人生”サポート」を行うということで、15歳から40歳までの若者無業者(ニート)を対象に、就労準備支援事業などを展開するとのことです。さらには、高校中途退学者や中退を考えている生徒からの相談や学習支援にも応じるとのことで、今後の活躍に期待です。
 私は、現在の盛岡市内のニートをどのように把握しているか、市としてニートへの支援をどのように行っていくのか質問しました。
 沼田商工観光部長は、「すべてを把握できてはいないが、『もりおか若者サポートステーション』の運営を通じ、状況について把握している」とのべ、平成28年度は、利用者実績で209人、延べ利用者で3,816人と答えました。また、支援の取り組みについては、平成18年度から、国が実施する「地域若者サポートステーション事業」に加え、市の事業として、臨床心理士によるカウンセリング、疑似通勤の場としてワーキングルームの設置、ボランティア活動の場の提供などによる支援に取り組んでいるとのことです。国の事業については、平成27年度から、「就職に向けた取り組みの意欲が認められるものに限る」となりましたが、市の事業については、限定することなく、社会適応力の向上や生活リズムの改善に向けた支援を行い、就職に向けた意欲の喚起を図っている、とのことでした。
posted by かんべ at 11:36| 議会