2016年12月14日

2016年12月盛岡市議会報告@ 「核兵器のない世界」の実現を!

「核兵器のない世界」をめざす取り組みについて市長の姿勢をただす

 12月14日に一般質問に立ち、「核兵器のない世界」をめざす取り組みについて質問しました。
 今年10月に、国連総会第1委員会で「核兵器禁止条約の交渉を来年に開始する決議案」が賛成多数で採択されました。これによって、来年の3月と6~7月に交渉が行われます。「核兵器禁止条約」が締結されれば、たとえ核保有国が条約に参加しなかったとしても、法的拘束は受けないまでも、政治的・道義的な拘束を受けることになり、世界から非難されることになります。世界は核兵器廃絶に向けて新たな歴史的一歩を踏み出したのです。
 その一方で、日本政府は、今回の決議案に「反対」しました。唯一の戦争被爆国にあるまじき行為であり、断じて許されるものではありません。
 このことを指摘し、「平和首長会議」に参加し「非核平和都市宣言」自治体の市長である谷藤市長の見解をただしました。
 谷藤市長は、「本市は、市民の総意として比較平和都市宣言を行っており、世界の恒久平和に向けて、あらゆる国の核兵器の廃絶を強く希求しているところ。今回の決議案も『核兵器のない世界』の実現に向けた第一歩として、心から歓迎する」とのべ、「平和首長会議を構成する一員として、関係する自治体等とも連携して、核兵器のない平和な世界の実現を、市民の皆様とともに訴えてまいりたい」と答えました。
 また、日本政府への抗議については、平和首長会議や日本非核宣言自治体協議会から内閣総理大臣をはじめとした政府に、遺憾の意を表すとともに、唯一の被爆国として「核兵器のない世界」の実現に向けてリーダーシップを発揮していただくよう要請したところであり、今後も連携して広く非核平和を訴えてまいりたいと答えました。
posted by かんべ at 12:55| 議会

2016年09月25日

「いわて国体」いよいよ1週間後に!・・”おもてなし”の清掃活動

IMG_2461.JPG 9月24日(土)の朝8時から、みたけ地区の「気分モリモリ!クリーンアップ活動」が行われました。これは、いよいよ開催を1週間後に控えた「希望郷いわて国体」とそれに続く「希望郷いわて大会」で選手の皆さんをはじめ関係者や多くの観客の皆さんを、”きれいなまち盛岡”でおもてなししようという清掃活動で、昨年に続いて2回目の活動となります。
 みたけ地区では、運動公園を会場に、サッカーと山岳(リード、ボルダリング)が、県営武道館では空手道が開催されます。
 みたけ地区7つの町内会と7つの老人クラブ、それに加えて、今年は日本たばこ産業の職員の皆さんも参加し、総勢300名で運動公園内をはじめ、周辺の沿道のごみ拾い活動を行いました。
 私が所属する町内会は、交通量の多い道路の沿道約150メートルを歩きましたが、それほどごみは落ちておりませんでした。拾ったものは、たばこの吸い殻が若干(といっても、10本以上はあったと思う…)とビン1本、鉄パイプ2本(?)、伐採木の残り(?)などです。終点で、他のコースの人達と合流しましたが、そちらは裏通りで、ごみ袋がいっぱいになっているものもありました。
 「国体があるからきれいに…」はもちろん大事だと思いますが、普段から「ポイ捨てしない市民意識の醸成」が大事、ではないかと思いました。
posted by かんべ at 02:20| 市民運動

2015年10月30日

10月定例市議会報告C〜厨川駅西口整備と将来のバス網の構築をただす

 私の家の近所(といっても歩いて10分少々)のIGR厨川駅は、1日3,000人近くの方が利用する駅です。
 これまでは、大きく迂回しなければならず電車の利用機会がありませんでしたが、駅地下自由通路が整備されてからは移動時間が半分になり、利用機会も増えました。現在、駅西口の道路が整備されていますが、途中で止まっていました。今後の整備の見通しについて質すと、古山建設部長は、「用地補償の交渉に時間を要し、工事に着手できない状況にあったが、現時点で交渉が概ねまとまったことから、年内に工事を発注する」「いわて国体本大会までには完成するよう取り組む」と答えました。
 また、今後、駅西口を起点にしたバス網の構築が計画されています。来年度から試験運行が実施される予定となっていましたが、その見通しについて質問。古山部長は、「今後、(道路の)未整備区間の工事完成に合わせた運行開始を目指して、引き続き、バス事業者との協議を行っていく」と答え、平成28年度の途中からでも実施をしたい考えを示しました。
posted by かんべ at 09:56| 議会

2015年10月29日

10月定例市議会報告B〜特殊詐欺被害対策の強化を!

 全国で多発している「特殊詐欺」被害の問題をとりあげ、市民を守る対策を強化するよう求めました。
 市民部長は、盛岡市で平成26年度の被害状況が、27件・約1億8700万円とのべ、相談件数が3年連続で増加している実態を示しました。
 私は、電話による詐欺では、岩手県警が貸出している「自動電話録音装置」が効果を発揮していることを示し、盛岡市としても取り組むよう求め、さらに啓発のポスターやステッカーを作成し配布してはどうかと提案しました。
 市民部長は、「市としても消費者行政推進交付金の活用などにより貸出事業の実施を検討している」、「電話の前に貼るシールやポスターなどの作成も、現在、検討を進めている」と答えました。
posted by かんべ at 16:51| 議会

10月定例市議会報告A〜戦争法成立に対する市長の見解をただす

 9月19日未明に戦争法が強行成立させられました。強行成立後の世論調査では、「国民に十分説明していない」が7〜8割、「反対」「評価しない」が過半数に上りました。
 私は、「国民の声を無視して強行成立させたことは民主主義国家として絶対許せない」「自衛隊が世界のどこであれ米軍と一緒に戦争することにあることがはっきりした」と主張し、谷藤市長の見解を質しました。
 谷藤市長は、「国民の理解が十分に進まない中で可決されたことが、『国会での審議が尽くされたとは思わない』との意見が8割近くに上ったという世論調査結果に現れたと認識している」「法律の執行に当たっては、国民の懸念や不安を十分に踏まえ、慎重な運用に努める必要がある」と答えました。
 また、岩手県議会が全国で初めて都道府県レベルで戦争法廃止を求める意見書を可決したことについて質し、谷藤市長は、「この意見書は、法案が憲法違反であると指摘されたことや、十分な国会審議を経ることなく可決されたこと、各種世論調査の結果からも、国民の理解が十分得られなかったことなどを踏まえ、岩手県民を代表する県議会において判断されたもの。こうした意見なども踏まえ、政府において今後とも国民に対して、丁寧な説明を尽くす必要がある」と答えました。
posted by かんべ at 16:47| 議会